御菓子司満月ー阿闍梨餅ー(京都)

 まいど、旅人です。

久しぶりの更新になってしまいました。

今日は、京都土産でド定番で有名な阿闍梨餅を紹介致します。

 

最近はどこの地域でも美味しく、映えるお土産が増えてきてるので、実際にお土産を購入するときはかなり迷ったりします。

京都もおしゃれで美味しいお土産が沢山あります。

その中でも、やっぱり外せないお土産は『阿闍梨餅』です。

 f:id:beautifuleveryday:20180818173223j:plain

 

阿闍梨餅は、『京菓子司 満月』で作られているお菓子です。

 

f:id:astronautmasa:20210307100118j:plain

京菓子司 満月 本店

 

ホームページによると、満月の創業は江戸末期の安政三年で約150年以上の歴史があるそうです。商品数は少ないですが、その一つ一つに菓子職人がこだわりと技術があり、今に至ってます。特に阿闍梨餅は人気商品になってます。

 

阿闍梨餅」は、比叡山で修行する僧にちなみ命名されたのだとか。

阿闍梨」は高僧を意味する梵語を語源とし、日本では天台・真言の僧位を表しているそうです。

その形は、比叡山で千日回峰修行を行う阿闍梨様がかぶる網代笠を象ったもので、厳しい修行中に餅を食べて飢えを凌いだことにちなんで考案されました。

 

仕事の関係で関東や九州に住んでいた時も、帰省するたびに「阿闍梨餅買ってきて」っと言われるぐらい、知ってる人は知ってるお土産。

お値段も108円(税込)とお安く、1個から購入できます。

 

ただ、このお土産の難しいところは、賞味期限が3日程しかないので、買ったらすぐに渡すしかない点です。。。

作ってる数も限られているので、夕方に買いに行っても売り切れで買えないことは多々あります。

なるべくその日の早い時間帯に購入することをお勧めします。

旅行で京都に来られた方は、本店ではなく京都駅で購入すると便利で良いと思います。

 

阿闍梨餅」(京都) 

f:id:astronautmasa:20210213234445j:plain

 

 阿闍梨餅はこんな感じ。

直径6cmくらい??と小ぶりな感じで、ふた口で食べられそうなお菓子です。

円盤状で笠の形をしています。

 

f:id:astronautmasa:20210213234451j:plain

 

丹波大納言小豆で作られてた粒餡を、もち米をベースに砂糖や卵などで練られた皮で包まれ焼き上げられています。

皮は弾力があり、粒餡の程よい舌触りが良い感じ。

 

たい焼きや大判焼きのイメージとは違うので、それをイメージするとギャップを感じると思います。

 

味の好みがあると思いますが、長い間、人気のあるお土産なので、機会があればぜひ一度は食べてみていただきたい。

 

ちなみに

阿闍梨餅は、京都はもちろん、東京や横浜、大阪、名古屋の百貨店でも購入できるそうです。昔は、購入できなかったような気もするのですが。。。私が知らなかっただけかもしれません(笑)。

 

 

 

アクセス 

 

  

ほな。

これからも、おたのもうします。